不安解消!名刺インフォ

自分が大事だからこそ…

用途に応じた名刺のスタイル

名刺のデザインを行う際には、まずどんなスタイルにするかを決めなければなりません。そのスタイルは、例えば社用なのか個人的なものなのかによっても異なってきます。また、文字だけか顔写真や会社のロゴを入れるか、1色かカラーかといったように、様々な選択肢があり、どれを選ぶかによって作り方が変わってきます。もし個人的に使う名刺であれば、どんなに個性溢れる作り方をしても構いません。しかし社用名刺となれば、会社のイメージを損なわないように配慮して作る必要があります。そのレイアウトや色合い、デザインなどによって、会社全体のイメージも大きく変わってきますので、その決定は慎重に行うことが重要です。この場合、会社全体でフォーマットを決めているのであれば、新たにデザインを行う必要はありません。既にできているフォーマットに合わせて、新しい名刺を作ればよいからです。


もし新入社員用に新しく作るのであれば、同じ職場の人のものを見本にして、名前だけを差し替えて原稿にするのが最も簡単で、一般的に使われている手法です。会社全体で決まったフォーマットがなく、それぞれの人が自由に作ってよい場合でも、この手法なら全く手間がかかりません。しかし他の人と同じフォーマットにしたくないときには、まずデザインから始めなければなりません。自分でデザインをする自信がない場合には、名刺を扱っているプリントショップに行ってサンプルをもらったり、他の人のデザインを参考にしたりして作ればスムーズに進みます。他の人と同じデザインにするときに比べると手間もコストもかかりますが、自分だけのオリジナルなものを作ることができ、人に渡したときにも大きなインパクトを与えることができ、非常に有利になります。何より、相手に自分のことを覚えてもらいやすくなるというメリットがあります。そのぐらい、名刺というのはビジネスシーンの初対面時には重要なツールとなってくるのです。これと同じ手法は、デザイナーが仕事として名刺のデザインを依頼された場合でも使えます。しかし単なる模倣だけではいけないわけで、クライアントの要望に合わせたデザインで行う必要があります。


デザイン次第で、人に与えるインパクトやイメージは大きく変わりますので、まずクライアントの希望を十分把握したうえでデザインを行うことが大切です。いかにして個性を出しつつもクライアントの要望通りのものを作るかがポイントになってきます。

データ入稿でバッチリ名刺を決めたい方はデータ入稿名刺コースをどうぞ。格安でお受け付けいたします。Word、Excelからの形式からでもご注文頂けます。是非名刺の事なら当社にお任せ下さい。最近では縦型がレアなものとなりましたが、その中でも縦型横書きスタイルがオススメです。この機会に是非自分だけの名刺を激安で作成しましょう。名刺作成のことならファースト

Starburst Theme designed by Claire
powered by WordPress 4.0 | valid XHTML and CSS